ECサイト制作の方法とは?それぞれのメリット・デメリットや相場を紹介

ECサイト制作の方法とは?それぞれのメリット・デメリットや相場を紹介

「ECサイトを開設しようと考えているが、やり方が全くわからずに困っている…」
上記のような悩みを抱えていませんか?
この記事では、ECサイトの制作方法から、各制作方法のメリット・デメリット、相場までまとめました。
サイト開設の目的に合わせて、最適な制作方法でECサイトを構築しましょう。

モール型とは

モール型とは、1つのサイトに複数の企業やECサイトが集まるオンライン型のショッピングモールのことです。
有名なモール型ECサイトは、楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング等があります。

モール型 イメージ
モール型 イメージ

モール型のメリット

モール型の代表的なメリットは、そのモール自体のPV数が高いため、すぐに集客効果が期待できる点です。
PV数が高い=集客力があるサイトなので、自社サイトを作るよりも短期間で多くのユーザーにアプローチできます。
自社サイトではじめから集客するよりも、既に集客力があるサイトで出店した方がすぐに集客できます。
また、楽天市場のような “みんなが知っている” モールであれば、ユーザーから「安心して買い物できるサイトだ」と認識されるため、ユーザーからの信頼を獲得しやすくなります。

モール型のデメリット

出店料や手数料などの掲載費が発生するのはモール型のデメリットです。
他にも売上に応じたロイヤリティの支払いを求められます。
また、モール型は手軽に始められるがゆえにライバルも多く、似たような商品が乱立してしまい価格競争に陥りがちです。

さらにモールで買い物をしているユーザーは、Amazon等のモールで買い物をしているという感覚の方が多いです。
そのため、せっかく買い物をしてもらってもショップ名を覚えてもらえず、リピートに繋がりにくいという弱点があります。

また、モール型ECサイトでは、顧客情報はモールが保有しています。
そのため、顧客情報を活用したマーケティング活動が制限されてしまいます。
自社ブランドを育てたり、顧客の囲い込みを行いたい場合は、モール型のみでECサイトを作るのはあまりおすすめしません。
上記のことから、ASP型もしくはフルスクラッチ型と併用してECサイトを構築している企業も中にはいます。

ASP型とは

ASP型とは、ECサイトを構築するためのクラウド上のシステムのことを指します。
こちらもモール型と同様に、安価で手軽にECサイトを構築できます。
ASP型の代表的な例としては、Shopify・BASE・STORES等が挙げられます。

ASP型 イメージ
ASP型 イメージ

ASP型のメリット

ASP型では、ECサイトを作るために必要なシステムが最初から構築されています。
そのため、Web制作の専門知識を持ってなくても、ASP型に登録すればすぐにECサイトを開設できるのです。
「登録すればすぐにECサイトができると言われても、設定に専門知識が必要なんじゃないの…?」
上記のように心配されてる方も安心してください。
ほとんどのASP型ではテンプレートを選ぶだけで簡単にECサイトを作れます
サポートが充実しているASP型であればわからないことがあってもすぐに質問できます。
Webサイトを作る技術はないけど、手軽にECサイトを始めたいと考えている方にはおすすめです。

ASP型のデメリット

ASP型のデメリットは、既存のシステムを使ってECサイトを作るために自由度は低くなります
デザインも決められたテンプレートの中から選ぶことになりますし、使える機能も各ASP型に依存します。
また、機能によっては追加費用がかかることもあるので、オプション等も含めて最終的な金額は計算した方がいいでしょう。
ASP型を値段だけで選んでしまって、いざ使ってみたらカスタマイズの自由度が低く、後悔してしまったというケースも多々あります。
ASP型を選ぶ場合は、ECサイトの目的に沿ったデザインや機能があるかどうかを事前に確認しましょう。

フルスクラッチ型とは

フルスクラッチ型とは、ECサイトをゼロから制作することを指します。
既存のシステムを使わないため、モール型・ASP型の中では最も自由度の高いECサイトを作れます。

フルスクラッチ型 イメージ
フルスクラッチ型 イメージ

フルスクラッチ型のメリット

ゼロからサイトを立ち上げるために自由度の高いサイトを作ることができます。
そのため、モール型やASP型では実現できないようなECサイトを作りたい方にはおすすめでしょう。
モール型・ASP型の場合は初期・月額費用や販売成立時のロイヤリティ等、サービス利用料が発生すると記載しました。
しかし、フルスクラッチ型は自社制作のサイトなので、モール・ASPの利用料は発生しません。
もちろんサーバー費用等はかかりますが、モール・ASPに依存せずにECサイトを運用できるのがフルスクラッチ型の特徴です。

フルスクラッチ型のデメリット

フルスクラッチ型の場合、Web制作の手間とコストが発生します。
ゼロからWeb制作をするために時間もかかり、最低でも半年から数年単位で制作することになるでしょう。
さらにフルスクラッチ型でECサイトを作るには、Web制作・運用ができる人材が必要です。
自社内にいなければ採用もしくは教育が必要ですが、そのためには膨大なコストがかかります。
コストをかけたからといってWeb制作ができる人材が採用できるわけではありません。
Web制作を外注するのも一つの手ですが、外注先によって制作のクオリティも変わりますし、要望通りのECサイトが出来上がるとは限りません。

また、ECサイトは作って終わりではありません。ECを維持するための保守管理も必要です。
そのため、サーバー費用だけでなく人件費等もかかるため、モール型・ASP型と比べてコストは最も高くなります。

上記のことから、フルスクラッチ型でECサイトを構築している企業はあまりいません。
よほどのこだわりがない限りは、モール型やASP型の方が無難でしょう。

モール型、ASP、フルスクラッチの価格相場を比較!

ECサイトを構築するには必ず費用がかかります。
そのため、予算に合わせて上記の手法を検討する必要があるのです。
ここからは、モール型・ASP型・フルスクラッチ型の価格相場をまとめました。
各制作方法を検討する上で、どれくらい費用がかかるかも事前に把握しておきましょう。

モール型の価格相場

モール型の価格相場は無料〜10万前後です。
3つの製作方法の中では最も手軽な費用で始められます。ECサイト制作期間も最短で数日しかかかりません。
しかし、上記はあくまでも初期費用の話です。

売上に準じたロイヤリティ等が別途発生するため、売上によっては10万円以上費用がかかるので留意しておきましょう。
また、有料テンプレートやオプション機能を利用するとさらに費用が発生します。
各モールごとに費用が違うので、上記も含めて総額どれくらいかかるかは計算しましょう。

モール型に向いている方、業種

各モールによってユーザー層や出品されている商品の特性は変わりますが、手軽にECサイトを開設したい方におすすめです。
ネットの知識がないけど、ECサイトを開設してみたいと考えている方に最適でしょう。
また、モール型で買い物する人は類似商品と比較することが多いです。
このユーザー特性から、他よりも安く商品を出品できる企業は有利になります。
モール型に出店している商品ジャンルは様々です。
化粧品・雑貨・食品・家電・ファッション等、多岐にわたります。

他よりも安く商品を出品できる企業が有利
他よりも安く商品を出品できる企業が有利

ASP型の価格相場

ASP型はモール型と同じく、サービス利用に伴い費用が発生します。
ASP型の価格相場は、無料〜100万円かかることが多いです。
料金体系として、初期・月額費用が0円のASPがメインです。
ただし、上記が0円といっても完全無料というわけではありません。
販売が成立することにロイヤリティが発生するASPが多いので注意しましょう。
他にも売上引き出し手数料やその他サービスに費用が発生するところもあります。
ASPサービスによって費用は変わるので、全体でどれくらい費用が発生するかは確認しましょう。

ASP型に向いている方、業種

ASP型はブランディングがしやすいので、自社のブランドを育てたいと考えている出店者に向いてます。
ASP型ではEC開設に必要なシステムは揃っているので、オリジナリティのあるECサイトを手軽に作りたい方に最適です。
また、商品ジャンルはモール型と同じく多岐にわたります。
ASP型はブランディングがしやすいため、自社ブランドのファン作り、リピーターに繋げたいと考えている方におすすめでしょう。

ファンやリピーターを作りたい方におすすめ
ファンやリピーターを作りたい方におすすめ

フルスクラッチ型の価格相場

フルスクラッチ型の価格相場は数千万円以上と、上記の手法の中で最も費用がかかります。
なぜなら既存のシステムを使わずにゼロからECサイトを立ち上げるからです。
制作にあたって人件費もかかるので、その費用は膨大です。
フルスクラッチ型を採用しているのは、ユニクロやZOZOTOWN等の大手企業です。
費用が最もかかる分、ECサイトの自由度は一番高いので、あらゆるユーザーのニーズに応えられます。
数千万円以上の投資を行うことで、自社ブランドを育てたいと考えている企業向けの手法でしょう。

フルスクラッチ型に向いている方、業種

フルスクラッチ型に向いている方は、モール・ASPでは実現できないような独自性の高いECサイトを作りたい場合におすすめです。
ECサイトを自社で構築できれば、世の中の流れやユーザーに合わせてすぐにカスタマイズできます。
その自由度の高さを求める方にフルスクラッチ型は向いているでしょう。
また、ECサイト制作をゼロからできる開発リソースを持っているかどうかも、向き不向きに関わります。
ECサイトを自社で制作したい方は是非検討してみてください。

開発リソースが十分にある方におすすめ
開発リソースが十分にある方におすすめ

まとめ

ここまでで、ECサイトの制作方法のモール型・ASP型・フルスクラッチ型の特徴をまとめました。
上記の制作方法を比較することで、各制作方法の違いやECサイトの構築のイメージは大方掴めたのではないでしょうか?
3つの制作方法のメリット・デメリットや特徴を知ることで、ECサイトの目的に合った手法を選びやすくなります。
各制作方法の特徴をしっかり理解した上で、自社に合った方法でECサイトを構築し、売り上げに繋げましょう。

ECサイト制作をお手伝いします!


「どの制作方法が自社に合っているのか分からない」という方には、まずは300社以上の実績を踏まえたアドバイスをご提供いたします。
ご相談からでも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。

サイト制作について相談する(問い合わせフォームへ遷移します)